今日のマーケティング環境において、どのようにカスタマーデータを活用するか?本レポートはDeloitte Digitalの発行した「ABSs of Customer Data」に基づき、カスタマーデータのマネジメントシステムについて各々の役割と活用方法を解説します

2021年5月13日

マーケティングにおけるカスタマーデータ入門

今日のマーケティング環境において、顧客とより深い、一対一の関係を作り上げていくことはますます重要になっています。企業がカスタマーデータから得る知見をどのように整理し、活用するかということは、企業の意思決定や、提供する顧客体験の質に直接的な影響を与えます。

しかし、残念なことに、長年にわたり追加されてきたシステムや対処療法的な応急措置によって、多くのマーケティング組織において、データが高度にサイロ化・細分化され、アクセス困難となっています。そして、これらのカスタマーデータマネジメント(Customer Data Management:CDM)のソリューション自体が、以下のようなマーケティングに関する難解なアルファベットの海と化しています。

例)CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)とMDM(マスターデータ マネジメント)。DMP(データマネジメントプラットフォーム)とCDP(カスタマーデータプラットフォーム)。EDW(エンタープライズ・データウェアハウス)、データレイク、CIAM(カスタマーアイデンティティとアクセスマネジメント)…

カスタマーデータマネジメントシステムのクイック・レファレンス・ガイド

本レポートでは上記のカスタマーデータマネジメントシステムについて、ニーズとユースケースを表組みで解説しています。
(例:DMP・SDP・CIAMの場合)
組織にもたらされる価値と課題(DMP・CDP・CIAM)

マネジメントのエコシステム

上記のシステムは単独ではカスタマーデータの完全なソリューションとはなりません。各システムの強みを組み合わせることにより、初めて顧客に対して一貫したブランド体験を提供することが可能となります。本レポートではエコシステムの形成を前提とした場合の各システムの強みについても解説しています。

エコシステムの形成における各システムの強み

例:DMP・SDP・CIAMの場合

  • CDP:CRMとDMPシステム、ビジネスインテリジェンスとIDデータ検証/照合ツール、MarTech(マーテック)/AdTech(アドテック)のプラットフォームからのデータを統合し、完全かつ正確で、リアルタイムのシングル・カスタマー・ビューの提供を支援する。
  • DMP:匿名個人をセグメントに分け、ルックアライクモデリング、リターゲティング、およびパーソナライゼーションを介して、オーディエンスのターゲティングを行う。
  • CIAM:シンプルで安全なユーザー体験を提供し、新たなチャネルを利用可能にし、パーソナライゼーションを強化し、オープン・スタンダードを基に構築し、永続的なデジタルアイデンティティのビューを提供する。

※詳細はレポート本文をご覧ください
マーケティングにおけるカスタマーデータ入門 -今日のデータシステムとプラットフォームを理解する- [PDF] (5.1MB)

プロフェッショナル

森 正弥/Masaya Mori

森 正弥/Masaya Mori

デロイトデジタルジャパン 執行役員

外資系コンサルティング会社、グローバルインターネット企業を経て現職。世界各国の研究開発を指揮していた経験からDX立案・遂行、ビッグデータ、AI、IoT、5Gのビジネス活用に強みを持つ。2019年に翻訳AI の開発で日経ディープラーニングビジネス活用アワード 優秀賞を受賞。 日本ディープラー ...さらに見る

この記事に関するお問い合わせはこちら

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約40都市に1万名以上の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、ならびにそのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよびそれらの関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連する第一級のサービスを全世界で行っています。150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じFortune Global 500®の8割の企業に対してサービス提供をしています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約286,000名の専門家については、(www.deloitte.com)をご覧ください。